組合について

本文まで移動する

組合について

愛陶工(愛知県陶磁器工業協同組合)について

 瀬戸市は豊富な陶土に恵まれ陶磁器産業を発展させ、今日に至るまで優秀な技術力で世界的に有名な「せともの」の街を築きました。愛陶工(愛知県陶磁器工業協同組合)は、この瀬戸の地において1926年(大正15年)に創立。以来、常に時代に適応しつつ事業のさらなる発展に尽力するとともに、瀬戸焼振興への貢献をめざし、組合としてさまざまな事業に取り組んできました。現在も瀬戸市を中心に近隣の窯業関係者が参加し、「愛陶工」という名称で、瀬戸市の産業振興はもとより、ものづくり活性化に寄与するさまざまな事業活動を行っています。

陶土事業

写真

陶磁器の原料となる陶土を採掘している部門です。

流通事業

写真

組合員が生産する商品やオリジナル商品などの企画・販売をしている部門です。

技術振興事業

写真

陶磁器の品質管理や研究開発を行っている部門です。

組合概要

目的

本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、且つ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

名称 愛知県陶磁器工業協同組合(通称:愛陶工)
代表者 理事長 中野昭雄
住所 〒489-0805 愛知県瀬戸市陶原町1丁目8番地
TEL 0561-82-4151
FAX 0561-82-4157
設立 大正15年10月21日
組合員数 273社(令和3年8月26日現在)
準組合員 8社
主な生産品目 和食器/洋食器/陶芸品/ノベルティ/インテリア用品/ファインセラミックス/ガイシ/タイル/その他陶磁器製品
部会 テーブルウェア部会(和・洋飲食器、上絵付業、台所用品製造業)
陶芸部会(陶芸品製造業)
オーナメントウェア部会(ノベルティ、インテリア、ガーデニング用品、神仏器 製造業)
工業品部会(電気用陶磁器、建材品、理化学工業用品、原材料製造業)
ファインセラミックス部会(ファインセラミックス、理化学工業用品製造業)
品野製品部会(品野地区製造業)
赤津製品部会(赤津地区製造業)

アクセス

[公共交通機関をご利用の方] 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」から西へ徒歩5分
[お車をご利用の方] 東海環状自動車道「せと赤津IC」から西へ車で10分

公共交通機関によるアクセスマップ

先頭に戻る